seachtop

  • 250種を超えるパンジー&ビオラが並びます


    2015.09.01


    今日から9月ですね、8月前半の猛暑がうその様にずいぶん涼しくなって

    虫の声が秋を告げています。

    むらかみ農園でも秋の準備が着々と進んでいますよ。

     

    今年はパンジー57品種、ビオラ115種を育てています。

    夏の暑さが厳しかった割に、元気に育ってくれました。

    更に農園オリジナルパンジーも100種以上!

    合わせて250種類を超えるパンジーとビオラが農園の一角に一面に並びますので、

    ぜひ見にいらしてくださいね。

     

    ↓まだ小さなパンジーの芽ですが、ぐんぐん育ってますよ。

    パンジー

     

    そして秋と言えばコスモスですね、種類も色々。大分大きくなりました。

    (以下花の写真は昨年のものです)

    ↓コスモスの苗たち。

    コスモス

     

    ↓イエローガーデン。ちょっと珍しい優しい風合いの黄色です。

    コスモス イエローガーデン

     

    ↓オレンジキャンパス。なんとも言えないレトロな雰囲気のオレンジ。

    コスモス オレンジキャンパス

     

    ↓ダブルクリックピンクボンボン。八重咲きの可愛らしいコスモスです。

    コスモス ダブルクリックピンクボンボン (2)

     

    毎年大変人気のスカイブルーセージ、コバルトセージもグングン育っています。

    スカイブルーセージ サルビア アズレア コバルトセージ サルビア レプタンス

    秋のガーデニング、楽しみですね!

     

    ——————————————————————————————————-


  • こんなに暑くてもこんなに元気!コリウス


    2015.08.19


    まだまだ残暑厳しい毎日ですね。

    そんな暑さを物ともせずグングン大きくなっているのが、コリウスです。

    暑さで参ってしまいそうな私たちですが、コリウスの元気な姿に日々パワーをもらっています。

     

    DSC04835[1] DSC04834[1]

     

    シソの穂と同じ花が咲きますが、コリウスの魅力は何といってもカラフルな美しい葉。

    寄せ植えでもお庭でも存在感抜群で、花がら摘み等の手もかかりませんよ。

     

    暑さに強いかわりに、寒さには弱いので外での冬越しはできませんが、

    これから秋にかけて気温が下がるに連れて葉の色がますます濃く美しくなっていきます。

     

    色もたくさんの種類がありますので、お好みの色を組み合わせて大きい鉢でボリュームを出して

    コリウスを主役にしても美しいですし、他の花たちと合わせれば名脇役になること間違いなしです。

     

    成長が早いので今植えても十分ボリュームが出ますよ。

    秋までのお庭が少し寂しいなと感じていらっしゃる方、ぜひコリウスをどうぞ♪

     

     

    ————————————————————————————————————————


  • 大丈夫!!今からでも間に合うグリーンカーテン


    2015.08.03


    近頃の暑さは異常なほどですね、人間も植物も参ってしまいます。

    こんな暑い夏は心地よい日陰を作ってくれるグリーンカーテンが

    大いに役立ちますよ。

    まだしていない方、この前の台風でやられてしまったという方、大丈夫です!

    今からでも十分間に合いますよ。

     

    むらかみ農園のフウセンカズラも、アーチの上まで登って涼しげな風船型の

    かわいらしい実をたくさん付けていたのに先日の台風で鉢ごとひっくり返り

    残念なことになってしまいました。

     

    けれどすぐに植えなおした新しい苗は半月ほどで大分伸びて、

    またつるが巻き始めています。

    フウセンカズラ

    フウセンカズラの他に、葉の涼しげなアサリナ、ホップ、ツンべルギア、ヤマホロシ、

    パッと目を引く花が美しいマンデビラなど様々な苗がありますよ。

    ぜひ今からでも苗を植えてみませんか?

     

    ↓涼しげな葉のホップ

    ホップ

     

    ↓個性的な花が可愛らしいツンベルギア

    ツンベルギア

     

    ↓大型の豪華な花のマンデビラ
    マンデビラ

     

    つる植物は大変成長が旺盛なので、できるだけ大きめの鉢に植えて

    肥料とお水をどんどんあげるのが立派に育てるコツです。

    ボリュームを出したい方は伸びた枝をつんであげると脇から芽が出てきますし、

    早く伸ばしたい場合は植える株の数を増やしてあげるといいですよ。

     

    爽やかなグリーンカーテンで日差しを遮って、この暑い夏を

    少しでも涼しく過ごしてみてはいかがでしょうか?

     

     

    ———————————————————————————————————


  • ギョ?! でも結構人気者なんですよ


    2015.07.02


    びっくりする様な面白い姿の花をつけるパイプカズラ(アリストロキア ギガンティア)。

    花といえば可愛らしく美しいイメージがあると思いますが、

    世の中にはなんと表現したらよいものやらという花もあるんですね。

     

    DSC04750

     

    熱帯のツル性植物で、日本でも沖縄に行かれた方があちこちで咲いているのを

    ご覧になったそうです。熱帯の植物といっても寒さにも割と強く無加温のハウスで越冬できます。

     

    むらかみ農園のお店の入り口正面にこの花が垂れ下がっていて、皆さん一様に

    「あれ、花? 食虫植物?」とおっしゃいますが食虫植物ではありません。

    大きいものでは子供の顔ほどの花が咲きそのユニークさゆえに結構人気があり、

    毎年必ず植えられる方もいらっしゃいます。

    学校に通う子供さん達やご近所の方々に楽しんで頂いているとのこと、話題になりますよね。

    6月ごろから寒くなるまで花をつけますのでぜひむらかみ農園に見にいらしてくださいね。

     

    ↓現在も手のひらより大きな花が咲いてます!

    DSC04751

     

     

    今回はもう1つ、ぜひご紹介したい植物があります。

    こちらはそれはそれは美しい花、ルリギクという和名がついている様に

    ルリ色の美しいストケシアでその中でも大変珍しい大型品種の

    ストケシア オメガ スカイロケットです。

     

     

     

    立派に育ったものでは1m50cmほどにもなる、大変丈夫な多年草です。

    存在感は抜群でお庭で咲いている姿を想像しただけでうっとりしますね。

    ただいま苗を販売中です!

     

    ——————————————————————————————————


  • 今年も西洋ニンジンボクの花が咲き始めました。


    2015.06.25


    農園の一角に15年ほど前に植えた西洋ニンジンボクが今年も枝いっぱいに青紫の花を咲かせ始めました。樹高3m、枝張り4m程ですが、剪定を強くして5年前ころからは同じ大きさを保っています。

    DSC04738

     

    こちらは駐車場の花壇に植えた白花種。

    DSC04741

    植えて8年目ですが見ごたえのある姿になりました。梅雨時を明るく彩る花木の代表はもちろん紫陽花(アジサイ)の仲間ですが、場所さえあればニンジンボクも良いですよ。

     

    同じニンジンボクでもこれは中国ニンジンボク。

    DSC04745

    葉や枝が繊細で、やさしい雰囲気に惹かれて自宅に植えたもの。とても気に入っています。

     

     

    話は変わりますが、またまた珍事。朝、カワセミがハウスの中に!学習したのか、今度はさっさと出て行きました。番いのカワセミはよく鳴き交わしながら2羽でいるところを見かけるのですが、今年は常に1羽のみの縄張りになっているようです。この前のカワセミに違いありません。その後、何事もなかったように漁を続けていました。

    s-DSC04729_2

    梅雨の合間、蒸しますね! 頑張らなくっちゃ!

     

    --------------------------------------------

     


  • 美人薄命かと思いきや


    2015.06.10


    昨年むらかみ農園の片隅でひっそりと咲いていた

    「アリウム ケルヌウム ピンクジャイアント」。名前はジャイアントですが

    そんなイメージではなく、花が咲くまで存在さえも忘れられてしまうほどに

    目立たない彼女でした。

     

    いかにも繊細で弱弱しく、やっと生きていますといった感じでしたが

    年を超えて今年になって、なんとすっかりたくましく元気いっぱい!

    昨年の3倍ほどの大きさの花をつけています。

     

    DSC04717

    アリウムはネギの仲間で、ボンボンの丸いネギ坊主の様な花が一般的ですね。

    種類によっては子供の頭ほどある花が咲くこともありますが、

    アリウム ケルヌウム ピンクジャイアントは大きく育ったとはいえ

    可憐で可愛らしい姿を楽しませてくれます。

     

    残念ながら今年の苗の販売はありませんが、

    現在は咲いているものをご覧いただけますよ。

    種を蒔いても販売まで2年かかりますので、再来年には苗を販売できるかも知れません。

     

    ——————————————————————————————————–


  • うわー すごい!! これ何??


    2015.05.18


    昨年の秋に植えたバーバスカムを見られた多くのお客様からそんな声を頂きます。

    黄花のバナナカスケードと白花のスノーメイデン。

    こんなに立派に育ってくれました。

    身長測定をしたところ地面から152cmありました!

     

    バナナカスケード  スノーメイデン

     

     

    皆さまのお庭でも大きく育って、そろそろ花を付けだしているというお話を数多く頂いています。

    秋に植えてから花が咲くのが待ち遠しかったですが、待ったかいがありましたよね!

    むらかみ農園では秋には10種類ほどのバーバスカムの苗をご用意しています。

    花が咲いたら圧巻のバーバスカム。初めての方でも比較的育てやすいので

    ぜひチャレンジしてみてくださいね。

     

    他にもジキタリス、ルピナス、ホワイトレースフラワー、スカビオサなどなど、

    秋植え春咲きの花達は色々ありますが、秋にはあんなに小さかった苗がこんなに大きく育ってと

    わが子の成長を見る様で感慨もひとしおですね。

     

    タナセタム ジャックポット

    ↑タナセタム ジャックポットも見事に咲いて、私達の目を楽しませてくれていますよ♪

    ————————————————————————————————-


  • ルピナス新挑戦の2種、きれいに咲きました。


    2015.04.28


    ルピナスといえばイングリッシュガーデンの主役の1つ、美しい花が目を引きますね。

    毎年むらかみ農園では3種類のルピナスを育てていますが、

    今年は新に2種類の品種に挑戦しました。

    その1つは従来のミラクルロケットより更に大型の「トゥッティ フルッティ」。

    どんな花が咲くかとても楽しみにしていましたが、

    咲いてみるとそれはそれは見事な花立ちです!

    花色はミックスなので咲いてみてのお楽しみですが、今までにない独特な色合いもとっても美しいです。

    茎がしっかりとしてスクっと立つ姿は清々しい見ごたえがありますね。

     

    ルピナストゥッティ

     

     

     

    もう1種は全く正反対の優しい印象の小型種、ピクシーデライト。

    ルピナスにしては珍しく、まだ寒い頃から淡いピンクやパープルの

    優しい色合いの花を付ける早生種です。

    ルピナス ピクシーデライト (6)

    見本鉢をご覧になったほとんどの方が「苗ありますか?」と言ってくださったのですが、

    今年は試作としてほんの少ししか苗を作っていませんでした。

    来年は本格的に作りますので、ぜひご期待くださいね!

     

    —————————————————————————————————–

     


  • 開花宣言


    2015.03.28


    日本各地からさくらの便りが届く季節になりましたね。

    むらかみ農園のさくらも今朝一気に咲き出しました。

    DSC04367

    DSC04369

    日本人にとってさくらは特別なものですね、昔から「花」といえばさくらを指しますし、

    気象庁の様な公的な機関が開花日などのさくら前線を調べて発表するというのは

    世界的にも珍しいことだそうです。

     

    待ちに待ったさくらの花ですが、楽しめる期間は短くそのあっという間に散ってしまう姿が日本人の

    感性にぴったりくるのでしょうか。

     

    むらかみ農園にとってもやはり春は特別な季節。年間で販売される種類の約7割が春に集中します。

    その中には春でなくては出会えないものがたくさん!

    今だけの花を見過ごしてしまうのはもったいないですね、

    ぜひ皆さまの春を見つけにお出かけくださいね。

    4月~6月は休まず毎日営業してお待ちしてます!!

     

    ——————————————————————————————————————


  • 雑草ってなに??


    2015.03.04


    いよいよ3月に入り春の園芸シーズンの幕開けですね!

    むらかみ農園では30種類近い苗がデビューしています。

    (ホームページ内の今月デビューの苗コーナーも更新していきますので

    ぜひチェックしてみてくださいね♪)

     

    皆さまのお庭も宿根草や球根の芽が出たり、早咲きの花が咲いたり早春の息吹を

    感じていらっしゃる事と思います。

    けれど元気で生き生きとしてきたものの中には、あのやっかいな雑草達も・・・

    一雨ごとにグングン目に見えて大きくなって、これからは草取りにも忙しい季節になりますね。

     

    ところで、雑草っていったい何でしょうか??

    よく見ると一般的に雑草と言われるものの中にも、かわいらしい花を付け抜くのがかわいそうになるものも。

    当園で毎年人気の「ベロニカ オックスフォードブルー」はいわゆる雑草の「オオイヌノフグリ」とそっくりですし、

    「アグロステンマ」も和名は「ムギナデシコ」と言われ小麦畑の雑草だったそうです!

     

    ↓ベロニカオックスフォードブルー。

    DSC04174

    DSC04172

     

    ↓優しい佇まいが人気のアグロステンマ。風になびく姿が美しいです。

    DSC04175

     

     

    雑草の定義として、「許可なく生えたもの」だと聞いたことがあります。

    どなたかのホワイトガーデンに間違えて咲いた赤い花は、その方が不要と思えば

    許可なく生えたものになりますが、「なかなかいいな」と思えば大切なお庭の一部になるでしょう。

    皆さんそれぞれに希望する植物は違っていて、もしかしたらいわゆる雑草もどこかで大切に

    育てられているかも知れませんね。

     

    大切に育てられている植物にも、自然と伸びる草たちにも、

    そしてガーデナー達ににとってもワクワクの春ですね。

    さあ、お庭に出て春の息吹を体中で感じましょう!!

     

    ——————————————————————————————————

     

     


  • おしゃれなインテリアにも! 多肉植物ブーム 


    2015.02.16


    今までは一部の愛好家の方々向けと思われていた多肉植物ですが、

    近ごろ若い方々の間でも大ブームとなっていますね!

    水やりなどの手入れがほとんどいらないので、急がしい方でも気軽にグリーンを

    生活に取り入れることができ、室内でおしゃれなインテリアとして人気になりました。

    (日光が好きなのでできるだけ明るめの室内に置いて、水のやりすぎに注意してくださいね。)

     

    むらかみ農園でも数年前から少しづつ多肉植物を育て始めて、今ではだいぶ種類も増えました。

    IMGP7847

    色や形、大きさなどユニークでかわいらしい種類がたくさんあり、色々な組合せが楽しめます♪

    IMGP8082 DSC03876

    DSC03873

    いろんな鉢に寄せ植えにして、ギフトにも最適ですね!

    ぜひ、インテリアに取り入れてみてはいかがですか?

     

     

    ——————————————————————————————————————–

     

     


  • ネコが大好き! キャットタイムのお話


    2015.02.12


    シルバーリーフが美しく、花壇の縁どりや寄せ植えに重宝するキャットタイム。

    そろそろ挿木の時期になり、親株を見に行くと・・がーん。

    今年もやられていまし た。挿木に最適な比較的若い元気な枝の先端が、ことごとく無くなっています。

    農園の飼い猫、「ミーコ」の仕業です。

    DSC04094

     

    DSC04095

    以前、この植物に「ワサビの 木」というラベルが付けられて売られているのを見たことがあります。

    なるほど、ピリッと辛くて刺激的です。「なんでこんなものをネコが?」と、思 うのですが、

    挿木をしていると「にゃー。私のをとった。」とばかりに、すぐ寄ってきます。

    いったいどんな成分がこの子を引きつけるのか、さっぱり分 かりません。

    お客さまからも、「全部食べられて枯れちゃった。」と、よく伺います。

     

    日本に流通しているキャットタイム(学名テウクリウム マ ヌム)には

    いくつかの種類がある様ですが、当園ではもともと2種類のキャットタイムを育てていました。

    葉の表裏ともに シルバーグレーの丸葉で立性の比較的一般的なものと、

    表だけが濃いグリーンがかったシルバーでやや尖った葉のお椀をふせたような、

    半球状に生育す るコンパクトな種類です。

    後者は暑さ寒さに強く断然育てやすいので、今ではこの種類だけを育てています。

     

    ちなみに猫を惹きつける代表的な植物にはマタタビ、キャトニップ等が挙げ られますが、

    当園の「ミーコ」は無関心。変な猫です。ネコによって好みがいろいろなんですね~。

     

    ↓そしてこちらはキャットタイムの花。かわいらしい小さな花がたくさんつきますよ♪

    テウクリウム キャットT1

     

     

    —————————————————————————————————–

logo